知られていないもう1つの糖尿病

私の娘は4歳で「一型糖尿病」という10万人に1人の珍しい病気になりました。糖尿病だから生活が不摂生だったんじゃないの?甘いもの食べさせ過ぎたんじゃないの?遺伝なんじゃない?これら全て原因じゃありません。私の娘は甘いものがあまり好きではないし、平均より痩せがたですし、私の家族に糖尿病はいません。

原因は不明です。ちょっとした風邪などがきっかけで自分の免疫が自分のすい蔵を攻撃してしまい、インスリンがでなくなる自己免疫疾患の1つです。

世間で言われている糖尿病は生活の不摂生などでインスリンが出なくなる病気で、原因がまったく違います。

また治療法も違います。生活習慣病の糖尿病は食事制限や運動療法、ひどければインスリンを注射しますが、飲み薬もあります。

ただ一型糖尿病はインスリン注射しか治療法はありません。

4歳の娘はある日いきなり一日4回のインスリン注射が必要なりました。

子供にとってどんなに苦痛な事か…でも生きていくために注射しかありません。

病気は本当に嫌です。できればなりたくない。本人も家族も生活が一変します。だからこそ健康のありがたみを感じます。

病気になったからと暗くならずに、どううまく付き合っていくか、前向きに考えながら早く医療が進歩して難病が治る病気になるよう祈りながら娘と一日一日を大切に過ごしていきます。

PR|ショッピングカート||貯蓄|初値予想|家計見直しクラブ|マッサージのリアル口コミ.com|英語上達の秘訣|GetMoney|女性向けエステ.com|オーディオ|クレジットカードの即日発行じゃけん|生命保険の選び方|内職 アルバイト|女性の人生|心の童話|生命保険の口コミ.COM|英語上達の秘訣|